弱者のポジショナルプレー

現代フットボールにおけるキーワードの1つとして、「ポジショナルプレー」がある。今回は、弱者のポジショナルプレーを成立させる条件とは何か?を考察します。
結城 康平 2020.11.04
読者限定

 オーストラリア人監督、アンジ・ポステコグルーが率いる横浜・F・マリノスが2019年にJリーグ優勝を成し遂げるなど、「ポジショナルプレー」は日本でも徐々に浸透しつつある概念だ。

 徳島ヴォルティスを率いるリカルド・ロドリゲス、セレッソ大阪のミゲル・アンヘル・ロティーナとイバン・パランコのような指揮官が活躍することで、欧州で注目を浴びるこの概念は日本にも浸透しつつある。しかし、当然だが「ポジショナルプレー」は全てを解決する特効薬ではない。

 例えばヴィッセル神戸は、ポジショナルプレーの歴史において欠かさない存在として知られる「哲学者」フアンマ・リージョを招聘。同時にFCバルセロナのユースで育ったMFセルジ・サンペールに加え、黄金期を中核として支えたアンドレス・イニエスタを獲得した。その他にも海外から多くの選手を獲得するも、2019年4月17日には神戸との契約を解除している。その後を受け継いだトルステン・フィンクも2020年9月22日に家庭の事情を理由に退任しており、三木谷オーナーが抱いた「ポジショナルプレー」の導入には成功していない。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3493文字あります。
  • ポジショナルプレーとは何か?
  • プレミアリーグにおける、ポジショナルプレー

すでに登録された方はこちらからログイン

新規メディアスタートのお知らせ
誰でも
新規メディア スタートのご連絡(有料読者様向け)
有料限定
マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ:|| 攻略...
有料限定
近況のご報告と、幾つかのプロジェクトについて
読者限定
フジゼロックススーパーカップ 川崎 vs G大阪 マッチレビュー
有料限定
マッチレビュー リバプールvsレスター・シティ「魔の10分間」
誰でも
マッチレビュー リバプールvsマンチェスター・シティ「欧州トップレベル...
誰でも
「サッカーにおける"賢さ"とは何か?」「結論」
誰でも